Dr. OKUDAIRA'S COLUMN

Please reload

Please reload

April 11, 2019

教育講演:「今日から使える人相学~東洋医学的な望診のワザ」菊池則公先生 きくち針灸院 

【5つ。あなたはどのタイプ??】 
①木(肝臓)タイプ:新しい物を好む。
⇒新商品のお知らせ・限定品を伝える。
⇒ “データ”や“権威性”など、読むのに時間がかかるものは、原則見ない【勘がよく、直感で行動する】
人に任せるのが苦手で、自分でやらないと気が済まない。
行動の遅い人が嫌い。
・・・デコ・眉間のシワ、筋肉質

②火(心臓)タイプ:バランスの取れているものを好む。
芯が強く自我を曲げない。
⇒一番良いもの・合うものを教える。【完璧主義】
⇒第...

April 11, 2019

特別講演:「アトピー性皮膚炎の漢方治療」河野吉成 先生 つくし診療所 院長
 

【どうする?アトピー性皮膚炎の漢方治療】河野先生講義 
●血虚(血が足りない)の基本漢方:四物湯(しもつとう:当帰・芍薬・川きゅう・地黄)を基本とした漢方薬
1.温清飲(うんせいいん)
2.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
3.加味逍遙散(かみしょうようさん)
4.十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
5.当帰飲子(とうきいんし)
6.芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
7.芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
8.消風散(しょうふうさん)

●温清飲(うん...

May 24, 2018

  精神医学においてレジリエンス(resilience)に決まった訳語はないが、筆者のレジリエンスの定義は「ストレス耐性+自己治癒力」である。レジリエンスは、元々ストレスと同じく物理学の用語で、ストレスは外力による歪みを意味し、レジリエンスはその外力による歪みを跳ね返す力として使われ始めた1)。 

 「ストレス耐性」とは、様々なストレッサーがあっても、うつ病などの精神疾患が発症または再発しないためのストレスに対する抵抗力のことである。また、逆境や困難から立ち直る力でもあり、日常的なストレスに対処する力とも言える。つまり、スト...

May 14, 2018

 メンタル不調に対して、医師は生活習慣の指導として、普段、睡眠衛生指導や運動指導を行っていますが、それと同様に食事・栄養指導は非常に大切です。栄養と精神の関係は未だ十分に解明されてはいないことが多く、エビデンスも十分に構築されていませんが、食事や栄養状態を改善することで心身の不調が軽減され、減薬につながることがあります。

 精神医学とは、各種精神疾患に関する診断・予防・治療・研究を行う医学ですが、『栄養精神医学』とは、精神症状・身体症状・向精神薬に対する食事・栄養・腸管の影響を考える精神医学の一分野です。

 食事や栄養の影響で精神症...

Please reload

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey