• 奥平智之

ビタミンCを積極的にとりたい人




【ビタミンCを積極的にとりたい人】

●精神的ストレスが多い人

●アルコールをよく飲む人

●タバコを吸う人

●糖尿病や糖質過多の人

●肌荒れやシミが気になる人

●骨粗しょう症を予防したい人

●高齢者

●風邪を引きやすい人

●血液検査で尿酸値が低すぎる人


妊娠時や授乳期、抗生物質療法時や血液透析時にも、通常より多くの量が必要となります。 喫煙者の血漿ビタミンC濃度は低いことが以前から知られていますが、これはラジカル形成が増加し、そのためビタミンCの消費量も増加するためであると考えられています。 そのため、喫煙者に対してより高い推奨値を設定している国も多いようです。


☆グルコース(ブドウ糖)が高濃度に存在すると、グルコーストランスポーターと競合するため、ビタミンCの吸収率は低下します。 そのため、糖尿病患者ではビタミンCの利用低下が起こることが予測されます。


☆ビタミンCは一回にまとめて飲むより、少量頻回摂取にした方がいい。

405回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey