• 奥平智之

鉄欠乏性頭痛

最終更新: 2019年9月18日



【鉄欠乏性頭痛】


 頭痛は様々な理由で起こりますが、頻発する再発性の頭痛とめまいは、鉄欠乏性頭痛かもしれません。 他の要因による頭痛に、鉄欠乏性頭痛が重なり、ひどい頭痛に悩まされていた鉄欠乏女子(テケジョ)が、鉄欠乏から回復して頭痛が軽くなることもあります。それは、生理前の頭痛であったり、妊娠中の頭痛であったり、天候の悪い日などの低気圧に伴う頭痛であったり、夕方からよくみられる頭痛であったり‥‥。


  頭痛持ちの人は、一度、フェリチン(貯蔵鉄)、TIBC、MCVなどの鉄関連項目の検査をしておくと良いでしょう。貧血がなくても、フェリチン低値の鉄欠乏状態の人が、鉄とタンパク質を補って頭痛が減ってくる人がいます。


 体を動かしていて、頭痛がひどくなるようであれば、鉄欠乏性頭痛の可能性はさらに高くなります。


 頭痛持ちの女性は、低フェリチンであれば、鉄+タンパク質をしっかりとりましょう。

0回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey