top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

ムズムズ脚症候群:ドーパミンと鉄


「最新版食べてうつぬけ」(ピンク本)本日発売。P50より一部引用。


男女比は1:2で女性の方が多いです。


鉄はドーパミン受容体の構成成分。

「鉄不足」(絶対的鉄欠乏)もしくは「炎症による鉄の利用障害」(機能的鉄欠乏)では、ドーパミン受容体の活性が低下し、脚のムズムズがおきやすくなる可能性があります。

もしくは、ソワソワ、じっとしていられないことがあります。


その人にとって抗精神病薬の量が多かった時も、まれにムズムズ脚のような症状がでることがあります(アカシジアという)。


脚がムズムズする人は、鉄の不足や、炎症を無くすことをまず考えましょう。

妊娠による鉄不足、糖尿病や感染症などの炎症性疾患がある人は、ムズムズしやすくなります。


人工透析の方もミネラル不足や炎症のリスクにさらされています。

タバコなど慢性炎症につながるものは、無くしたほうが楽になります。


注意すべきことは、炎症(機能的鉄欠乏)なら鉄を飲まないこと。

まずは、血液検査が大切です。




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

bottom of page