南雲吉則先生のご紹介 命の食事HPより

<ご挨拶>

私はがん専門医となって30年になります。
その間、早期発見・早期治療を訴えてきました。その結果何が起きたか。
この30年でがん死亡者数は倍になり、戦前の結核死亡者数をついに凌いだのです。
このまま早期発見・早期治療だけを唱えていたら次の30年でがん死亡者はさらに倍になります。この国は滅びるのです。

タバコをしのいでトップに躍り出た発がん原因は「食生活」です。いまこそ生産者も消費者も一体となって、悪い食品は「買わない、売らない、作らない」。これを国民運動として広げ、「おいしそうな」食品から「体に良さそうな」食品への転換をはからなければなりません。

しかし従来の誤った医学常識では、何が体に良く何が悪いのか、の判断は困難です。そこで私は新しい医学的見地に立ってがん予防に有効な、「3つの狂った食事」「3つの命の食事」「3つの狂った生活」「3つの命の生活」を提唱しました。

目標は「30年でがん死亡者数を半減させる」ことです。
皆さんもぜひ命の食事に参加してください。

                               代表 南雲 吉則

<プロフィール>

1955年生まれ。乳腺専門医、医学博士。慈恵医大・近畿大学の非常勤講師、韓国東亜医科大学・中国大連医科大学の客員教授。慈恵医大学卒業、東京女子医大形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長を経て、バスト専門のナグモクリニック院長。「女性の大切なバストの美容と健康と機能を生涯にわたって守る」をモットーに、東京・名古屋・大阪・福岡の4院を飛び回る。がん患者の命を救う食事と生活術「命の食事」を提唱。​「主治医が見つかる診療所」などテレビ出演・著書多数。

命の食事.jpg
命の食事 乳がん.jpg
甘酒酵素水.jpg
南雲体操.jpg

​※画像をクリックすると、詳細をご確認いただけます(Amazon)

<salud>​

Dr.南雲吉則監修。ナグモクリニック併設の「命の食事」が体現できるカフェラウンジ。

What do you want to eat ?

私たちの体は食べたもので作られています。

毎日口にするものだから、美味しいうえに安心安全なものがいいですよね!​

ナグモクリニック総院長 Dr.南雲吉則が監修する「salud」では、<美容・健康・予防>をテーマに、体と心が細胞レベルで喜ぶメニューを提供しています。

​また店内では、ごぼう茶や厳選した健康食品、生活品も購入いただけます。​

「食べて・学んで・実践する」体験型のカフェラウンジをお楽しみください。

190616【命の食事と心の食事】南雲吉則先生&奥平智之先生.jpg

『命の食事と心の食事2019
​    〜血液検査でわかること〜』

心や体の不調の多くは食事が関係しています。血液検査の結果がオールA
でも、栄養学的に大きな問題があることも! 食事がどのように心身に影響を及ぼしているか? 南雲吉則先生と奥平智之先生から学びましょう!

 

 奥平智之先生『血液検査を活用! 栄養面からのメンタルヘルス』

 南雲吉則先生『血液検査によるがん患者とアスリートの栄養サポート』

【開催日】2019年6月16日(日) 12時~15時 (受付開始 11時30分)
【参加費】3,000円 当日料金4,000円  締切6/10(月)まで
【会場】ナグモクリニック
【お申込】HPまたはメール

               ★命の食事HP 

                 ★メール:info@inochinoshokuji.or.jp

件名に「6月16日参加希望」本文に氏名・電話番号をご記入の上お送り下さい。

【お問合せ】命の食事事務局   info@inochinoshokuji.or.jp 

03-6261-3280 (平日10:00-17:00)

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey