テケジョ応援隊のご紹介

久野淳先生2.png

歯科医師である久野淳先生は、食事療法&栄養療法研究家でもいらっしゃいます。日々の臨床に加え、地元の愛知県のみならず、首都圏でもご講演をされていらっしゃいます。また、食の安全に関して、企業や店に問い合わせをして実態調査を行うなど、その分野での知識や情報は、非常に勉強になります(ブログ)。そんな久野先生が、今回ご紹介くださったのは、『豚レバーの赤ワイン煮込み』。レバーが苦手な方でも、食べやすい工夫が満載です。「口」は腸管の入り口。口腔や歯の大切さについてのご説明も納得です。

歯科医師

久野淳先生

若林先生お顔image1 (3).jpg

日本でいちばん予約が取れないと評判の料理サロン「ボアメーザ」を主宰されていらっしゃる若林先生。「人は人を幸せにすることでしか幸せになれない」と説き「幸せをよぶ講演会」も全国各地で開催されています。今回ご紹介いただいた「サラダ菜と豆腐のすり流し」は、小さなお子さま特に離乳食期の赤ちゃんから、嚥下がスムーズに行えなくなる高齢者まで食べやすい一品です。独自の調理法「蒸しいため」は、”栄養を逃しにくく美味しく簡単”と大好評。「蒸しいため完全マスター」「おくちにあえば、うれしいですPart2」など多数のご著書を出されています。

料理家

三島学先生2.png

一昨年、奥平先生と全国で講演をされた三島先生は『食事が糖質に偏りすぎて鉄やタンパク質などが不足すると、疲れやすく集中力が落ちるため、学習のパフォーマンスが落ちる』とおっしゃっています。三島塾は、東大・京大などの難関大学や有名高校・中学に多くの合格者を排出している少人数制の塾。ご著書「親が怒らなくても自分で勉強する子に」にて、食事とアドラー心理学を用いた独自の教育法をご紹介されています。毎日生徒さんのために、低糖質&高タンパクのお食事を作られている三島先生ご紹介の一品は、「時短、簡単、栄養満点」です!

学習塾 塾長

三島学先生

国光プロフィール写真.jpg

子供の心と健康を守る会代表で食学ミネラルアドバイザーの国光先生。ご著書「食べなきゃ危険!食卓はミネラル不足」や、全国での講演会を通じ、子ども達のミネラル不足による心身の不調に警鐘を鳴らし、食事指導により多数の子ども達を回復に導いていらっしゃいます。国光先生と言えば、飛び魚などの天然だしを粉状にした「粉だし」の活用。加えて鉄の調理器具や酸味の食材で鉄の吸収率を上げる食事を提案したところ「頭痛から解放された」「疲れにくくなった」などの声が寄せられたそうです。「粉だし」を使ったテケジョ脱出レシピ、ご参考ください。

食学ミネラルアドバイザー

和田暁先生2.png

中医医師で薬膳アカデミアを主宰されている和田先生。薬膳とは東洋医学に由来し「食=薬」の考えに基づき、体を整えたり、季節の影響による不調を改善する食事です。鉄を補うなら、レバーなどの鉄が多く含まれている食材を思い浮かべがちですが、薬膳で血を補う食材と言えば、赤色や黒色の食材、コクの実やナツメ、黒ごまや黒きくらげなどが挙げられます。テケジョ脱出に薬膳を上手く取り入れると、食事で補う比率が増やせて、鉄剤やサプリを減らせるのではないかと思います。日々の食事に和田先生オススメの食材をプラスしてみてはいかがでしょうか?

中医医師

和田暁先生

image3.jpeg

妊娠・出産を経て、ココロやカラダに不調を経験された日比先生。食事を変える必要があると感じ、栄養学を学び直されたそうです。「日々の食事の重要性をもっと認識し、つらい経験をする人が減って欲しい」という想いから、医療機関での勤務に加えて、講演活動や個別相談を行っていらっしゃいます(Instagram)。「ママが元気で心穏やかでないと、楽しいはずの子育てがつらいものになってしまう。」そうならないためにと、今回ご紹介くださったのは、ママも赤ちゃんもハッピーになる、疲れたママでも簡単に作れて栄養満点、しかも見た目も華やかな一品です。

管理栄養士

OPS_0007r.jpg

帝京平成大学薬学部教授、薬学博士、そして、日本スーパーフード協会理事でいらっしゃる井手口 先生。ラジオNIKKEI「井手口直子のメディカル・カフェや講演会を通じ、スーパーフードの活用で未病予防、健康増進の情報を発信されています。細胞壁を壊すことで野菜や果物の栄養素を効率的に吸収できるスムージーはテケジョの味方。井手口先生オススメのスーパーフードはスピルリナ。アミノ酸をバランスよく含み鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富です。ご著書ファーマシューティアカルケアのための医療コミュニケーション」は薬剤師必見の一冊。 

薬剤師

林佳奈写真.jpg

健康食品管理師でもある林先生。栄養療法の食事や栄養指導に加えて、ホリスティックビューティーアドバイザーとして、女性の健康美をサポートするカウンセリングや講演活動も行っていらっしゃいます(Instagramtwitternote)。「ビューティーオーラは心と栄養が満たされていればこそ出るもの」"イライラ、憂うつ、疲れやすい"は、性格や体質ではなく、栄養が足りていないだけかもしれません。テケジョ応援レシピに加えて、ダイエット、そして体型美だけでなく内側から輝くトータルビューティーの秘訣に関しても、わかりやすくご紹介くださっています。

管理栄養士

林佳奈先生

mitsuki_1000pix.jpg

健康と美のために、グルテン&シュガーフリーなレシピを開発されている森安先生。ベジデコサラダとは「見て楽しい!食べて楽しい!笑顔あふれる!サラダ」というコンセプトのケーキのように美しいサラダ。テケ食(鉄欠乏回復食)第1号に認定されています(オンラインショップ)。忙しい人でも十分に栄養を摂れるようにと、森安先生は、栄養価を意識した時短レシピのご提案もされています。ご紹介のレシピは、家で簡単にできるベジデコサラダのアレンジです。ベジデコサラダの作り方が詳しく掲載されているご著書「ベジデコサラダの魔法」も是非ご覧ください。

ベジデコサラダデザイナー

もきち1.jpg

低糖質スイーツのパイオニアでいらっしゃる掘田洋菓子店店主の堀田茂吉さん。ご自身が糖尿病だから低糖質スイーツを始めたのではなく、糖尿病を患われている患者さまのご要望で研究を始め、2011年に低糖質スイーツを販売されました(オンラインショップ)。鉄の重要性を女性に広く伝えるために、鉄入りのガトーショコラ「鉄子の部屋」の販売を開始され、現在、奥平先生がお勤めの病院でも、カラダによいスイーツをご提供されています。今回は、お家で作れる簡単な「鉄強化スイーツ」をご紹介いただきましたので、是非ご参考ください♪

糖質オフ・グルテンフリー&鉄強化スイーツの研究者

 テケジョ応援隊のレシピはこちらに!

マンガでわかる 食べてうつぬけ

  鉄欠乏女子(テケジョ)救出ガイド』

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey