top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

裸足になろう!電子栄養学「アーシング」の大切さ


アーシングは、自然の抗酸化・抗炎症アプローチ。


「地球からの電子」は、電子を求めるフリーラジカルの強力な中和剤です。靴をはいて地面に接しないことは、「電子欠乏」につながります。


電子が不足すると、ミトコンドリアの電子伝達鎖の飽和が失われ、慢性疲労が生じ、細胞の移動やその他の免疫系の細胞の重要な活動が遅くなる可能性があります。


研究では、動物に電子を与えると、創傷治癒に不可欠なATP生成とタンパク質合成が劇的に増加することが示されています。


ミトコンドリアサポートになります。


過去 10 年間にわたる研究では、炎症と痛みの軽減、睡眠の改善、創傷治癒の促進、血流の改善 、血液粘度の低下、血圧の安定などが報告されています。


アーシング(グランディング)は、「電子栄養学」もしくは「ビタミンG」と呼ばれています。

Biomed J.2023




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


💛今後の講演や食事会などの企画とSNSのまとめ https://lit.link/okud


◾️書籍『最新版 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子(テケジョ)』 など


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)




https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は 不定期ですが栄養スライドをお送りいたします



最新記事

すべて表示

Komentar


bottom of page