• 奥平智之

炎症時の鉄ブロックの仕組み:ヘプシジンによるフェロポルチン破壊

最終更新: 2月16日


炎症時は、ヘプシジン(鉄代謝調節ホルモン)が、鉄を血管内に流さないようにします。


炎症時は、生体が「細菌に感染した」と認識して、細菌の細胞分裂のもととなる『鉄』を、細菌に渡さないようにするためです。


この役割を、肝臓で作られる鉄代謝調節ホルモン(ヘプシジン)が担っています。


ヘプシジンが増えると、フェロポルチンという鉄くみ出しタンパクを壊して、鉄を血管内に入れないようにします。


その結果、細胞内の貯蔵鉄であるフェリチンは増加することになります。




●FPN:フェロポルチン とは?●

【細胞内からの鉄くみだしタンパク】

腸の粘膜上皮細胞や血球などから、

鉄を血液中にくみ出す

:炎症により分泌されるヘプシジン

(鉄代謝調節ホルモン)により壊される


Shah, Y. M., & Xie, L. (2014). Hypoxia-inducible factors link iron homeostasis and erythropoiesis. Gastroenterology, 146(3), 630-642.


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 資料


https://amzn.to/2uv1wju


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki


Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方には、栄養通信を配信予定です。



712回の閲覧