top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

葉酸は、活性酸素・老化を減らすのに大切



葉酸とその中間代謝物であるテトラヒドロ葉酸は、S-アデノシルメチオニン (SAM) の合成において大切な役割を果たしています。


これは DNA メチル化の補因子・メチル基供与体として機能します。

葉酸は、エピジェネティックな修飾を介して細胞を保護しているようです。


葉酸は、プロモーターのメチル化や脱メチル化を介して、p53 や Rb などの老化物質または酸化ストレスの調節に関与する遺伝子の発現を介して、「老化に関連する炎症」を阻害する可能性があります。





————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page