• 奥平智之

森林浴で免疫力アップ!①「森の香り成分(フィトンチッド)とは?」@TV東京ハーフタイムツアーズ



動画が観れる番組HPはこちら


森の香り成分によって、リンパ球、特に、ナチュラルキラー細胞が活性化されます。ナチュラルキラー細胞は、がん細胞やウイルス細胞をやっつけることが仕事です。そのため、森林浴は、がんやウイルス感染の予防に寄与します。

Li, Q., Kobayashi, M., et al. Effect of phytoncide from trees on human natural killer cell function. International journal of immunopathology and pharmacology, 2009; 22(4), 951-959.

欧米では、「森林浴セラピー」や「自然療法」として、森林浴が実際に、医療の現場で実用化されていて、 ドイツやイギリス、カナダなどでは、保険が適用されています。

★森の香り成分「フィトンチッド」って聞いたことありますか?

l フィトン「Phyto」 =「植物」

l チッド「cide」 (殺す)=「植物が持つ殺菌物質」

という意味です。

つまり、植物から発散されるテルペン類等の揮発性物質(液体から気体になり易い化学物質)を指します。

この揮発している状態のテルペン類等を浴びることを「森林浴」と言います。

テルペンは「スギやヒノキの葉をちぎった時に漂う香り」です。

このフィトンチッドの研究は、植物を傷つけるとその周囲にいる細菌が死ぬ現象を発見したことから研究がはじまりました。

動物の死骸や枯れ木があっても、森に爽やかな空気が広がっているのは、殺菌・消臭作用のある香り成分のためです。

阿部智ら. フィトンチッド液の除菌および消臭効果について. 2007

フィトンチッドは、抗菌作用だけでなく、抗酸化作用もあります。

Abe, T., et al. Antioxidant effects and antimicrobial activites of phytoncide. Biocontrol science, 2008;13(1): 23-27.

樹木には通常50~100種のテルペンが含まれています。

樹木は、害虫回避、有害菌不活性化のために作り出しています。これは、世界の工場排煙や自動車排気ガスなどの6倍の量ともいわれています。

≪樹木に抗菌・殺菌作用がある3つの理由≫

① 他の植物に寄生させないようにするため

② 昆虫や動物に葉や幹を食べられないようにするため

③ 害虫に感染しないようにするため

テルペン濃度が高い場所は、山の中腹から上に行くにしたがって、少しずつ減っていきます。理由は、テルペンは空気より重いためです。そのため、樹冠の上では木の香りはほとんどありません。

テルペン類が部分酸化する際、マイナスイオン物質が現れると言われています。晴れた日は濃度が高く、雨の日の10~50倍と多いようです。

6月から8月にかけてどの樹種も精油量が多く冬は少なくなっています。従って森林内の大気中のテルペン濃度も春から夏にかけて多くなり、空気が新鮮でおいしいと感じます

《生活に身近なフィトンチッド》

①木の葉・・・桜もち、カシワもち、柿の葉寿司、鮭寿司

②寿司屋のまな板は、「ヒノキ」・・・抗菌作用

③ クスノキを使ったタンス・・・防虫剤入らない:抗菌活性の高いヒノキオール

④ハーブや漢方薬などの成分

趙希鵬ら.各種細菌に対するフィトンチッドの殺菌・制菌効果に関する研究. 北海道工業大学研究紀要, 2007 ;(35): 371-375.

谷田貝光克.森の香り・木の香り その正体と働き. におい・かおり環境学会誌, 2007;38(6): 428-434.

≪木どうしの情報共有ツールとしての森の成分≫

① 木は毛虫などに襲われると、毛虫が嫌がる成分を葉に蓄えて食べれないようにする

② 隣の木に、この情報を教える

③ 隣の木も毛虫の嫌がる成分に変質させる

④ 木どうしは、警告物質を発散することでお互いに会話していると言える

このようにして、木はお互いに警告物質を出すことによって『おはなし』をしています。こうした樹々の会話は『アレロパシーAllelopathy(他感作用)』と言われています

Einhellig, F. A. Allelopathy: current status and future goals. 1995

《森林浴によるメンタルヘルス》

森林浴は、カラダだけでなくココロの健康にも有用性が報告されています。

森林療法はストレス、うつ病、不安、怒りのレベルを下げることにより、成人のメンタルヘルスを大幅に改善します。

Li Q.,et al. Effect of Forest Environments on Psychological Response Evaluated by the Poms Test. In: Li Q., editor. Forest Medicine. Nova Science Publisher; New York, NY, USA: 2013. pp. 137–146.

Wen, Y., et al. Medical empirical research on forest bathing (Shinrin-yoku): a systematic review. Environmental Health and Preventive Medicine, 2019; 24(1): 70.

免疫力の向上やココロの健康に森林浴をおすすめします。

https://amzn.to/2uv1wju


© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey