top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

鉄欠乏と精神発達の遅れ


今までは、鉄の欠乏は、鉄欠乏性貧血のみが疾患として考えるべき状態であり、貯蔵鉄枯渇は「潜在性」鉄欠乏( 隠れ鉄欠乏)であって、病気ではない病気の前段階であると考えられてきました。


しかし、貯蔵鉄枯渇(貧血のない鉄欠乏)では、既に最大酸素摂取量が低下しており、組織の呼吸や代謝を担う機能性鉄が減少している「欠乏症」であることが明らかとなっています。


アメリカのアフリカ系乳児 77 人の鉄栄養状態と精神発達の関連を調べた調査では、貧血のない鉄欠乏では、鉄欠乏性貧血よりは軽度であったが、精神発達の遅れが見られました。

Lozoff B, et al. Dose-response relationships between iron deficiency with or without anemia and infant social-emotional behavior. J Pediatr 152 : 696-702, 702 631-693, 2008.


1人でも多くの子供が救われますように!!




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします



閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page