top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

夢を見ますか?鉄欠乏だと睡眠が浅くなる



レム睡眠=浅い眠り  が長くなります。

つまり、夢を良くみる!


鉄欠乏は、メラトニン(おやすみホルモン)、ドーパミンなどにも影響を与えます。



レム睡眠とは?

カラダを休めて、脳は覚醒している状態なので、急速眼球運動(rapid eye movement =REM)をしています。


大脳皮質は覚醒時よりもむしろ強く活動しています。


そのため、運動機能を遮断しておかないと、夜寝ているのにカラダが激しく動いてしまきます。


それを防ぐために、レム睡眠の時は、脳→脊髄→筋肉への情報伝達を遮断して、カラダを動けなくしています。


このようなときに、目が覚めてしまうと、からだが 金縛り状態 となっているのがわかります。



また、むずむず脚 で眠れない人は、

栄養医学的には、鉄欠乏、マグネシウム欠乏も疑う!!




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


💛今後の講演や食事会などの企画とSNSのまとめ https://lit.link/okud


◾️書籍『最新版 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子(テケジョ)』 など


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)




https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は 不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:71回

最新記事

すべて表示
bottom of page