• 奥平智之

アトピー肌・乾燥肌の人は「マグネシウム」で皮膚の天然保湿因子を増やそう

最終更新: 5月17日

潤ったお肌、美容にはマグネシウムが大切です。


アトピー肌、乾燥肌の背景に、マグネシウム欠乏があるかもしれません。


アトピー性皮膚炎の子供は血清マグネシウム値が低いことが報告されています。

マグネシウムは、セラミドの合成、表皮の増殖と分化の調節に関与しています。

・Clarke CJ, et al. The neutral sphingomyelinase family: identifying biochemical connections. Advn Enzyme Reg 2011; 51: 51-58. ・Okazaki T, et al. Characteristics and partial purification of a novel cytosolic, magnesium-independent, neutral sphingomyelinase activated in the early signal transduction of 1 alpha,25-dihydroxyvitamin D3-induced HL-60 cell differentiation. J Biol Chem 1994; 269: 4070-4077.

セラミド産生の主要なメディエーターとして、中性スフィンゴミエリナーゼ(N-SMase)がありますが、この酵素の活性化にはマグネシウムが必要です。

・Clarke CJ, Wu BX, Hannun YA. The neutral sphingomyelinase family: identifying biochemical connections. Advn Enzyme Reg 2011; 51: 51–58.

「マグネシウムに富む水での入浴」は、乾燥したアトピー性皮膚の皮膚バリアに有益な効果があることが示されています

・van Smeden J, et al. The importance of free fatty acid chain length for the skin barrier function in atopic eczema patients. Exp Dermatol 2014; 23: 45-52.

マグネシウムに富む死海塩による局所治療は、乾性およびそう痒性皮膚病において有益な効果を示しました

・Proksch E, et al. Skin barrier function, epidermal proliferation and differentiation in eczema. J Dermatol Sci 2006; 43: 159–169.

一般に、ステロイドの塗布は、アトピー性皮膚炎の第一選択の治療です。しかし、それらを長期間使用すると、皮膚バリアの悪化につながる可能性があり、アトピー性皮膚炎の重要な病因因子と言われています。


さらに、最近の研究では、強力なステロイド塗布による治療が天然保湿因子(Natural moisturizing factors; NMF)レベルの低下につながり、長期的には、皮膚の水分補給の低下、抗菌防御の低下、皮膚の炎症状態の悪化につながるが示されています。

・McAleer MA, et al. The multifunctional role of filaggrin in allergic skin disease. J Allergy Clin Immunol 2013; 131: 280–291. ・Danby SG, et al. The effect of tacrolimus compared with betamethasone valerate on the skin barrier in volunteers with quiescent atopic dermatitis. Br J Dermatol 2014; 170: 914–921.


天然保湿因子とは、角質層に存在し水分を保持する働きもつ水溶性物質の総称で、アミノ酸・ミネラル・有機酸から構成されています。

軽度から中等度のアトピー性皮膚炎の治療において、セラミド&マグネシウムのクリームは、ステロイド剤よりも皮膚の水分補給と天然保湿因子レベルの維持を改善するのに効果的です。

・Koppes, S. A., et al. Efficacy of a cream containing ceramides and magnesium in the treatment of mild to moderate atopic dermatitis: a randomized, double-blind, emollient-and hydrocortisone-controlled trial. Acta dermato-venereologica, 2016; 96(7): 948-953.

マグネシウムは、「にがり」に豊富です。毎日のお風呂の時に、「にがり」や「マグネシウムスプレー」を薄めて全身につけて、しばらくして洗い流してみるといいでしょう。


お風呂にマグネシウムが豊富な塩「エプソムソルト」を入れるのもおすすめです。




© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey