• 奥平智之

NMDA型グルタミン酸受容体の適正化→健康な精神状態


◎NMDA受容体拮抗薬(ケタミン)による前頭前野の細胞外グルタミン酸の増加は、 AMPA受容体を刺激し、

前頭前野におけるドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンの上昇につながると考えられます


NMDA型グルタミン酸受容体は、慢性的に、亢進しすぎても抑制されすぎてもいけない


◎NMDA受容体の天然調整ミネラルは、「亜鉛・マグネシウム・リチウム


ケタミンは統合失調症のモデル化と難治性うつ病の治療に使用されてきました。


ケタミンは、前頭前野でのドーパミンとノルアドレナリンの放出も上昇させる・・・ケタミンは、前頭前野から、セロトニン作動性背側縫線核、ドーパミン作動性腹側被蓋野とノルアドレナリン作動性青斑核への投射も活性化する。迅速で強力な抗うつ効果。


うつ病に使用される低用量で、ケタミンが初期に一過性の解離とせん妄を引き起こす可能性がある。これらの副作用は、注入開始直後に現れますが、抗うつ反応が始まる直前に消えます。      


Adell, A.2020




https://amzn.to/2uv1wju


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com

に登録されている方には、栄養通信を配信予定です。



181回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey