top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

スポーツにおける「カフェイン」の3つの効用




①運動パフォーマンスの向上

②脂肪代謝を高めてグリコーゲンを節約

③痛みの知覚を軽減


女性を対象としたレジスタンストレーニング研究では、カフェイン(6 mg/kg)が筋力パフォーマンスの向上に効果的です(Goldstein ER, et al. Caffeine enhances upper body strength in resistance-trained women. J Int Soc Sports Nutr. 2010;7:1–6. )。


カフェインは脂肪代謝を増加させることで筋グリコーゲンを節約するため、有酸素運動のパフォーマンスに効果があります。カフェインは痛みの知覚を軽減することも知られており、あらゆる種類の運動の前に役立ちます。

3~9 mg/kg の用量を運動の 60 分前に摂取するとエルゴジェニック効果が得られます(Graham TE. Caffeine and exercise metabolism, endurance and performance. Sport Med. 2001;31(11):785–807.) 。


※エルゴジェニックエイド(Ergogenic Aids)・・・・ergo(仕事量)+genic(生み出す)+Aids(ためのもの:目的) エネルギーを生み出したり、疲労を回復させて運動能力を向上させたりするもの。

摂取することで、スポーツの体力増大が期待される食品・栄養成分などの総称。





————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします



Comentarios


bottom of page