• 奥平智之

クローブの抗酸化作用に期待される記憶障害の軽減:アロマテラピー

最終更新: 4月11日



強力な抗酸化物質であるクローブオイルの研究は、脳の短期および長期記憶障害の一助になることを示唆しています。


記憶障害を引き起こすことが知られているスコポラミンは、記憶障害を引き起こすためにマウスに与えられました。


治療グループには、サプリメントとしてクローブオイルが与えられました。


3週間のクローブオイル補給群は、スコポラミンによって引き起こされた記憶障害を有意に逆転させました。


補給群のマウスの脳サンプルは、酸化ストレスパラメーターであるマロンジアルデヒドの有意な減少を示し、酸化ストレスの減少を示唆しています。


★マロンジアルデヒド・・・脂質過酸化、またはフリーラジカルが細胞損傷を引き起こすプロセスに使用される酸化ストレスパラメーター


受動的回避ステップダウンタスクと高架式十字迷路を使用して、スコポラミン治療マウスの学習と記憶を評価しました。

•酸化ストレスパラメーターは、マロンジアルデヒド(MDA)と還元型グルタチオン(GSH)レベルを推定することにより、脳サンプルでも評価されました。

•スコポラミンは、1日目のステップダウン潜時の減少と転送潜時の増加、および2日目の記憶保持の障害によって証明されるように、獲得記憶の障害を引き起こしました。

•クローブによる前処理を3週間使用すると、取得待ち時間とすべての用量の増加が大幅に逆転しました。

•高架式十字迷路でスコポラミンによって誘発された保持潜時の増加を逆転させた。

•ただし、0.05 mL/kgのクローブオイルは、受動的回避ステップダウンタスクの記憶障害を軽減しました。

•脳サンプルは、クローブオイル(0.05および0.025 mL / kg)で治療したグループでMDAレベルの有意な減少を示しました。

•結果は有意ではなかったが、GSHレベルはクローブオイルで処理されたマウスでも増加した。

•したがって、クローブオイルはスコポラミンによって誘発される短期および長期の記憶障害を逆転させることができ、この効果はある程度、酸化ストレスの減少に起因する可能性があると結論付けることができます。


Halder, S., et al.(2011). Clove oil reverses learning and memory deficits in scopolamine-treated mice. Planta medica, 77(08), 830-834.


●まとめ

クローブは、抗菌作用のあるハーブ・スパイスで、古来より感染対策にも用いられています。

クローブの強い抗酸化作用は、記憶や学習にもプラスに働く可能性があります。


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 作成


https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方に、不定期に栄養スライドをお送りしております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


インスタグラム https://www.instagram.com/tabete.utsunuke/


●Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki

81回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey