top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

【開催報告】小江戸カンファレンス2024年冬

栄養と漢方のWeb講座

2024年2月7日に開催されました。



問題① 手足の内出血を繰り返していた小学2年生の女の子。診断は?

→答え ビタミンC欠乏

#結城奈美枝 先生講義より



PMS(月経前症候群)におけるエストロゲンとセロトニン

女性の気分変化が起こる排卵前後と月経直前は共にエストロゲンの急激な低下をきたし、それに一致してセロトニンも低下するが、検査基準範囲内での女性ホルモンの異常は見られない。(遊離エストロゲンは低下しているとの報告あり)


①エストロゲンはセロトニン分解酵素の発現を減らしセロトニンを増やす

②エストロゲンはセロトニン合成律速酵素の発現を増やし、セロトニンを増やす。


参考)甲村弘子 PMS/PMDDの病態生理 産科と婦人科 2016年12号


根本崇宏 女性ホルモンと気分変化 産科と婦人科2020年12号


#白岩恭一 先生講義より



おかげさまで、女性をテーマに、皆様に喜んでいただける大変有意義な会になりました。

ご参加の皆様、素晴らしい講義をしていただいた白岩先生と結城先生、そして、横部先生、錦織先生、事務局の皆様、ありがとうございました。

————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


💛今後の講演や食事会などの企画とSNSのまとめ https://lit.link/okud


◾️書籍『最新版 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子(テケジョ)』 など


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)




https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は 不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page