top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

にがり活用法!


ビタミンDの活性化にはマグネシウムが大切! 不足しやすいマグネシウムには、にがりを!


また、 天然濃縮ニガリをうまく活用すると、料理が美味しくなります。 お料理のうまみを引き出し、また味をも引き立てると同時にマグネシウム補給にもなり、 一石二鳥。


①ご飯を炊くときにお米一合あたりにマグネシウム30mg程度入れると、マグネシウムの水を引き込む作用でお米がふっくらとして美味しいご飯に【お米+にがり】

②煮物に入れると、煮崩れの防止になりますし、味も美味しくなる【煮物+にがり】

③小皿のしょうゆに一滴垂らすと味がまろやかに変身【しょうゆ+にがり】

④お味噌汁やスープにも(「奥平式スープ」)


これはマグネシウムの対比効果と水分子のクラスターを小さくする作用。

素晴らしい調味料です。


摂取の方法は原液のままでなく、必ず薄めて使用することが大切です。 また、1回で1日分の量を摂るのではなく、何回にも分けて摂ることも大切です。


黒酢(レモン汁)+にがり  でマグネシウム吸収アップ

お酢は酸っぱくて飲みにくい。 でも、ニガリを数滴加えると、その酸っぱさが減って、とても飲みやすい!


さらに、マグネシウムがお酢の成分のクエン酸とキレートして(くっついて) マグネシウムの吸収率がアップ!!


ミネラル・ウォーターにニガリを数滴加えると水の味がまろやかに。 まずは、「にがりウォーター」を作りましょう!! (「食べてうつぬけ p85」)


そして、

夏は、やっぱり  抗菌+エネルギー補給(夏バテ対策)のために  「奥平式クローブ水」 =お水500ml+クローブ1〜3個+にがり数滴

(「うつよけ簡単レシピ」)





————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:324回0件のコメント

Comments


bottom of page