• 奥平智之

むずむず脚症候群(脳)に、腸が関係?:腸の炎症(SIBO:しーぼ:小腸細菌異常増殖)➡脳の鉄欠乏状態➡ムズムズ脚~

最終更新: 5月7日


小腸細菌異常増殖症(SIBO:しーぼ)とは、小腸内に菌が異常増殖してお腹が張ったり、便秘や下痢を起こす病態です。


むずむず脚症候群(=レストレスレッグス症候群)は、じっと座ったり横になったりすると、主に下肢にむずむずするなどの強い不快感が現れます。脳の鉄欠乏状態で起きることがあります。


むずむず脚症候群は、過敏性腸症候群と小腸細菌異常増殖(SIBO)に関連しています。

Weinstock, L. B., et al.(2011). Restless legs syndrome is associated with irritable bowel syndrome and small intestinal bacterial overgrowth. Sleep medicine, 12(6), 610-613.


SIBOは一般の人の15%の人にみられると言われていますが、SIBOがRLS患者の7人すべてに存在するという結果でした。


むずむず脚症候群の病因は完全には理解されていませんが、脳の鉄欠乏の相対的な状態は、むずむず脚症候群の患者で説明されており、病気に関与することが知られているいくつかの経路(アデノシン作動性、グルタミン酸作動性、ドーパミン作動性)の変化を誘発するようです。

Blum, D. J., et al (2019). 0009 Restless Leg Syndrome: Does It Start With A Gut Feeling?. Sleep, 42(Supplement_1), A4-A4.


炎症や絶対的な鉄欠乏など、脳内の鉄欠乏状態は、ドーパミン受容体の機能に影響を与えて、むずむず脚を引き起こす可能性があります。


●まとめ:腸脳相関

SIBO(しーぼ)など腸の炎症が、炎症による脳の鉄の偏在(機能的鉄欠乏)を引き起こし、むずむず脚症候群の原因になっているかもしれません。

原因が鉄の絶対的な不足ではなく、SIBOなどによる炎症であれば、安易な鉄の補充は逆効果になります。

(もちろん、炎症がなければ、鉄補充で、むずむず脚が劇的に改善する可能性もあります)

鉄サプリを飲む飲まないの判断は、必ず血液検査をすることが大切です。


※小腸に細菌が異常増殖しているSIBOの状態の人は、乳酸菌やビフィズス菌でよくなる人もいれば、逆にそれで不調になる人もいます。

💛https://www.dr-okudaira.com に登録されている方に、不定期に栄養スライドをお送りしております。 栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) 

https://amzn.to/2uv1wju

https://www.facebook.com/mentalhealth.net Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo インスタグラム

https://www.instagram.com/tabete.utsunuke

●Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki 「メンタルヘルスは食事から」 日本栄養精神医学研究会 奥平智之 作成




328回の閲覧