• 奥平智之

ビタミンAは、腸粘膜ビタミン



【ビタミンAは、腸粘膜ビタミン】

 ビタミンAは、正常な視覚機能を維持し、上皮組織細胞の健康を保護し、免疫グロブリンの合成を促進し、成長と生殖を促進する必須の脂溶性ビタミンです。


 ビタミンA欠乏は、リーキーガット症候群(腸管の透過性亢進)の一因になっている可能性があります。 ビタミンAは、小腸粘膜の上皮細胞間をつなぐタイトジャンクション(密着結合)のタンパク質の発現レベルを増やし、腸のバリアを改善する可能性があります。 具体的には、タイトジャンクション関連タンパク質claudin-1 、 zonula-occludens 1(ZO-1)、オクルディンを増やします。


 腸だけでなく、目においても上皮バリアの調節にはビタミンAが必要であり、ZO-1とオクルディンの発現レベルは、近視の進行中に網膜色素上皮脈絡膜複合体で増加し、ビタミンAによって調節されている可能性があります。


 ビタミンA欠乏は、下痢、小腸粘膜の絨毛の損傷を悪化させます。 また、腸管免疫においてもビタミンAは重要な役割を担っています。


 ビタミンAは大切ですが、脂溶性ビタミンなのでサプリでの摂りすぎには注意しましょう。

424回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey