• 奥平智之

ビタミンD欠乏と認知症のリスク:あなたも「隠れビタミンD欠乏」?

最終更新: 5月13日

ビタミンDは、アンチエイジング、認知症対策にも大切なビタミンです。


ビタミンD欠乏は「認知症の危険因子」になります。


ビタミンDが、アミロイドβのクリアランスを促進し、ビタミンDの欠乏が脳内のアミロイドβの増加につながる可能性があります。


●ビタミンD とは ?

①日光ビタミン :室内で仕事している人は欠乏に注意

②粘膜ビタミン :気道や腸の粘膜に大切

③免疫調整ビタミン :腸管免疫、感染重症化軽減など

④抗炎症・抗酸化ビタミンであり、グルタミン酸受容体の亢進に伴う神経毒(神経細胞死)を軽減させています


そして、


⑤セロトニンの産生も大切です



【対策】どうする???


①太陽にあたる

②食事・サプリ → にがり

③マグネシウム:ビタミンDの吸収と代謝の向上


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 作成



https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方に、不定期に栄養スライドをお送りしております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


インスタグラム https://www.instagram.com/tabete.utsunuke/


●Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki

281回の閲覧