• 奥平智之

ビタミンDの最適化がセロトニン産生を助ける


ビタミンDは、脳内の細胞外液セロトニン濃度を維持に大切です。

ビタミンD欠乏を無くすことによって、セロトニン作動性神経伝達が増強される可能性があります。


《ビタミンDのセロトニンに対する作用》

①セロトニン合成酵素(トリプトファンヒドロキシラーゼ)を「誘導」して

セロトニン産生↑


②セロトニン再取り込み輸送体SERTと、分解酵素MAO-A(モノアミンオキシダーゼ-A)の「抑制」を介して

シナプス間のセロトニン↑


トリプトファンに由来する神経伝達物質であるセロトニンは、食欲、エネルギー消費、睡眠、体温、気分、社会的認知の制御など、脳内の重要な機能に欠かせません。


➡うつ・不安状態の背景に、ビタミンD欠乏が隠れていないか確認しておきましょう 

ビタミンD欠乏による「栄養型うつ」が併存しているかもしれません。


また、「コロナうつ」と言われるような憂うつ感や不安の症状の背景にビタミンD欠乏が一因となっているかもしれません。


ビタミンDは、気道や腸などの粘膜の強化、免疫調整、抗炎症対策にも欠かせません。






日本栄養精神医学研究会 奥平智之 資料


https://amzn.to/2uv1wju


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki


Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方には、栄養通信を配信予定です。


2021.2.17 栄養と漢方のWEB :医療関係者であればどなたでもご参加いただけます。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01394n374rb11.html


304回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey