top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

NADをブーストしよう


体内の全ての組織は、吸収されたナイアシン(ビタミンB3)を補酵素であるNADに変換します。 500以上の酵素反応に、NADが必要です。

炭水化物、脂肪、タンパク質を分解(異化)して、エネルギー(ATP)を生み出します。 NADは、年齢とともに低下していきます。

コロナに感染した組織や細胞でもNAD濃度は低下することが観察されています。


NADは、ストレス(活性酸素、炎症、虚血、毒素、感染などのストレッサー)により不足しやすいので、メンタル不調者、糖尿病や肥満のあるメタボの人、感染者は特に、ブースト(促進)するようにサポートした方がよいです。

具体的には、ナイアシンアミド、NMN、NRなどのサプリメントがあります。 運動やファスティングでも増えます。


臨床では「疲れやすさ」が減る人が多い印象です。

NADレベルを高めることは、抗ウイルス防御を促進し、過剰な炎症を抑制することにつながります。




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示
bottom of page