top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

食物繊維が腸内細菌の力で糖・エネルギーを生み出す

更新日:2023年7月8日



腸内細菌が作り出す『短鎖脂肪酸』と『ビタミン B 群』 はどこでエネルギー代謝に関与するのでしょうか?


「ネオグルコジェネシス(新しい糖新生経路)」は、ピルビン酸、乳酸、グリセロール、糖原性アミノ酸、脂肪酸などの炭水化物でない炭素基質からグルコース(ブドウ糖)を合成する経路です。


食物繊維が腸内細菌の発酵により作られる「短鎖脂肪酸」も、グルコース(ブドウ糖)の生成、エネルギー(ATP)産生に寄与します。


ヒトにとって最も重要なエネルギー源であるグルコース(糖)を適切なレベルに維持するための主要なメカニズムは、新糖新生とグリコーゲンの分解です。


腸内細菌は、わたしたちの栄養の獲得とエネルギー調節に影響を与えます。そのため、腸が悪いと、効率よくエネルギー(ATP)産生できずに、肥満や糖尿病になりやすくなる可能性があります(Kimura I, et al. The SCFA Receptor GPR43 and energy metabolism. Front Endocrinol (Lausanne) 2014;5:85. )。


食物繊維は、「代謝燃料」!!


なんと、腸の上皮細胞によって得られるエネルギーの70パーセントは、腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸(酪酸)に由来することが実証されています(Serpa J.2010)。


短鎖脂肪酸により1日のカロリーの約10%を提供できます(Bergman EN.1990)。

腸内環境を良くする「食物繊維(ファイバー)」は、細胞の元気(エネルギー)を作り出します。




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

Comments


bottom of page