• 奥平智之

亜鉛欠乏に伴う「食欲低下」の悪循環~亜鉛欠乏で食べれない??~お年寄りや拒食傾向の亜鉛欠乏女子(アケジョ)

最終更新: 1日前


亜鉛が欠乏すると、食欲も低下することがあります。食欲が低下することにより、さらに亜鉛が欠乏するという悪循環に陥る可能性が高いのが。お年寄りや、拒食症の女の子などです。亜鉛を適量補うことで食べれるようになってくる人がいます。


亜鉛欠乏高齢者、そして、亜鉛欠乏女子。


鉄欠乏女子(テケジョ)の陰に、亜鉛欠乏が隠れいている女子はかなりいます。


テケジョの陰に、「アケジョ」です!


亜鉛の腸管吸収はわずか33%と推定されており、食事の組成や組織の状態によって大きく異なります。


亜鉛は海馬と大脳皮質にの最高濃度で存在し、神経シナプス小胞に存在しています。シナプス伝達のモジュレーター(調整役)として、亜鉛は本質的に神経伝達物質として機能します。脳組織に維持されている亜鉛の量は、精神機能と行動への影響の根底にあります。


また、亜鉛は免疫細胞のシグナル伝達分子として、細胞の分化とサイトカインの産生を調節し、抗炎症作用を発揮します(Prasad、2013; Wapnir、2000)。


亜鉛はまた、インスリンの構造、貯蔵、および活性への関与を通じて、栄養素代謝に不可欠な要素です(Brandao-Neto et al。、1995)。


膵臓機能および血糖調節のためのインスリンシグナル伝達における亜鉛の要件は、食欲、消化、および摂食行動に重大な影響を及ぼします。


食欲抑制は亜鉛欠乏症の最も重要な症状であり、食物摂取の調節における亜鉛の重要な役割を強く示唆しています。


亜鉛はまた、ニューロペプチドY(NPY)などの視床下部ニューロペプチドの発現に影響を与えることにより、食物摂取と食欲を仲介する可能性があります。


視床下部から放出されるNPYの減少は、「NPY耐性」を誘発し、その食欲促進効果を低下させることにより、通常の摂食行動を阻害します(Levenson、2003)。


NPYは、体重管理に関与し、血液脳関門を通過することが知られている神経ペプチドであるレプチンによっても調節されています。


レプチンの機能は亜鉛の欠乏によって破壊され、体脂肪を減らします。


NPYは、体重管理に関与し、血液脳関門を通過することが知られている神経ペプチドであるレプチンによっても調節されています。


レプチンの機能は亜鉛の欠乏によって破壊され、体脂肪を減らします。


すべての酵素反応の少なくとも4%の重要な成分であるピリドキサール-5-リン酸(P5P)へのビタミンB-6の活性化には、亜鉛が必要です。


亜鉛は、必須脂肪酸の代謝における重要なステップであるデルタ-6-デサチュラーゼ酵素にも必要であり、神経膜の完全性に影響を及ぼします。


これらの脂質の神経伝達物質、プロスタグランジン、およびその他の神経化学物質への二次変換は、亜鉛欠乏の結果としての機能不全効果のネットワークを示唆しています。


亜鉛は、セロトニン、メラトニン、ドーパミン、GABA、およびグルタメートの合成、調節、および/または受容体機能に複雑に関与しています。


Greenblatt, JM.2018


「メンタルヘルスは食事から」です。


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 資料



Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方には、不定期に栄養スライドをお送りしております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju  

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki






189回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey