• 奥平智之

美容とビタミンC





【美容とビタミンC】


 ビタミンCが欠乏すると、シミ、シワや皮膚のたるみの一因となります。正常な皮膚のビタミンC濃度は他のカラダの組織の濃度を大きく上回っています。ビタミンCの濃度は、老化または紫外線で損傷した皮膚で低いことが わかっています(McArdle F, 2002)。


 また、紫外線照射を介しての酸化ストレスへの過度の暴露は、表皮層のビタミンCの枯渇と関連しています(Shindo Y, 1994)。ビタミンCは強力な抗酸化剤です。欠乏すると、皮膚が弱くなったり、傷の治りが悪くなったりします。 正常な皮膚には高濃度のビタミンCが含まれています。


 ビタミンCには、皮膚のコラーゲン合成を刺激し、紫外線による酸化的な損傷を軽減させます。ビタミンCは、コラーゲン分子の三次構造を安定化、プロリンおよびリジンヒドロキシラーゼのための補因子として作用し、そしてそれはまた、コラーゲン遺伝子発現を促進します。


 皮膚のケラチノサイトは、高濃度のビタミンCを蓄積する能力があり、これはビタミンEと関連して紫外線から保護します。参加者に6週間3 g/日のビタミンCを経口で補充してもらうと、皮膚のケラチノサイトのビタミンC濃度は倍増しました。


 血漿中のビタミンCがすでに飽和している場合は、クリームのような局所的な皮膚への使用は皮膚のビタミンC含有量をそれ以上増加させないようです(Nusgens B.V., 2001) 。


 また、皮膚のシミなどの色素沈着の予防にもビタミンCは大切です。機序としては、メラニン形成の律速酵素であるチロシナーゼの作用を妨害することが考えられています。 ビタミンCは、他の抗酸化物質であるビタミンEやグルタチオンの再生にも密接に関わっています。 ちなみに、タバコを吸っている人は、ビタミンC濃度が低下していることがわかっています。


Juliet M. Pullar, et al. 2017

923回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey