• 奥平智之

ビタミンD欠乏は、抗菌ペプチドの抑制を通じて、新型コロナウイルス(COVID-19)感染のリスクを上げる

最終更新: 2月16日

新型コロナウイルス(COVID-19)感染のリスクを下げるには、栄養面では、ステイホームもあり、多くの人が欠乏しやすいビタミンDの適正化を考えた方が良さそうです。

ビタミンDは、「免疫調整ビタミン」であり、気道や腸の粘膜に欠かせない「粘膜ビタミン」です。

ビタミンDは、抗菌ペプチドの産生を促進してくれます。具体的には、hBD-2(ヒトβディフェンシン2 )、LL-37(カテリシジンなどがあります。


ビタミンDが欠乏すると、この抗菌ペプチド(hBD-2、LL-37)の発現が低下してしまいます(Bayirli, B. A., 2020)。


図の赤色は、ウイルスの受容体結合部位(RBD)です。

コロナウイルスのRBDが、我々のACE2受容体に結合することで、我々の細胞に侵入し、感染を可能にします。


しかし、このRBDが、抗菌ペプチドで抑制されてしまうと、新型コロナウイルス(COVID-19)は、我々のACE2受容体に結合することができなくなります。


ビタミンD欠乏は、このように新型コロナウイルス(COVID-19)に対する免疫力の低下につながります。


日照量の少ない冬は特に注意が必要です。


「感染症対策は食事から」です。


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 資料



Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方には、不定期に栄養スライドを差し上げております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju  

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki








300回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey