top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

神経細胞を活性酸素から守る『ビタミンD』

更新日:2023年6月12日



神経細胞を活性酸素から守る『ビタミンD』

ドーパミン作動性ニューロンなどの細胞内グルタチオン含有量の減少は、パーキンソン病などの発症に関連している可能性があるため、脳の神経細胞内のグルタチオンレベルを上げることは大切。

ビタミンDの適正化は、「脳の抗酸化システム」を強化することになります。 脳にもビタミンD受容体があり、うつ、認知機能など、脳機能に影響を与えます。






————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします



閲覧数:30回

Comentarios


bottom of page