• 奥平智之

新型コロナウイルス(COVID-19)感染における「亜鉛」の抗酸化・抗炎症作用とサイトカインストームの抑制

最終更新: 2月16日


亜鉛は、「免疫力」に欠かせないミネラルであり、抗炎症・抗酸化作用があります。


NADPHオキシダーゼは活性酸素を生産します。

これに対して、亜鉛は、NADPHオキシダーゼを阻害し、鉄と銅の酸化還元活性に拮抗し、それによって活性酸素の生成を減少させてくれます。


亜鉛欠乏は、感染や二次合併症のリスクを高め、回復を遅らせ、創傷治癒を低下させ、急性期反応による細胞損傷に対する脆弱性を高めます。


新型コロナウイルス(COVID-19)患者への亜鉛補給は、活性酸素を減らすだけでなく、免疫を改善することによって、病気の進行を抑制する可能性があります。


亜鉛には抗炎症作用があり、NF-KBシグナル伝達を阻害し、T細胞機能を調節してサイトカインストームを抑制します。


COVID-19感染症では、急性期反応とその結果生じるサイトカインストームが多臓器障害の原因となります。

サイトカインストームに続発する炎症マーカーの大洪水は、ミトコンドリア呼吸鎖、チトクロームP450酵素、ペルオキシソーム脂肪酸代謝、およびフラボタンパク質オキシダーゼの活性化を通じて生成される無制限の量の反応性酸素種(ROS)の形成をもたらします。


さらに、COVID-19感染は、IL-6などのインターロイキン、および好中球ミエロペルオキシダーゼ(MPO)活性を増加させる腫瘍壊死因子(TNFα)の生成に関連しています。

過度のMPO活性は、フェントン反応を媒介するヘムタンパク質のヘム破壊を介して活性酸素につながります。


COVID-19の重症例みられたのは、一酸化窒素(NO)の低下です。NOは、血管拡張の重要なメディエーターであり、卵母細胞の質と老化の重要な調節因子です。

亜鉛欠乏症は、COVID-19疾患の過程ですべての臓器系に影響を与える可能性があり、卵母細胞と精子の質に永続的な影響を与える可能性もあります。したがって、特にCOVID-19のパンデミック時に、生殖能力を求める女性に亜鉛を補給することは、卵母細胞、精子、および胚の質を改善するのに役立つ可能性があります。


また、COVID-19ウイルスの感染の症状と亜鉛欠乏症の間にはかなりの重複があります。

匂いや味覚の喪失などの異常なCOVID-19症状のいくつかは、活性酸素(ROS)および好中球MPO活性によって媒介される酸化ストレスの増強に続発し、これは亜鉛欠乏と関連して十分に確立されています。Pisano M, Hilas O. Zinc and taste disturbances in older adults: a review of the literature. Consult Pharm. 2016 May;31(5):267–70.


また、亜鉛の抗ウイルス特性は、亜鉛を貯蔵および輸送する機能を持つ亜鉛結合タンパク質であるメタロチオネイン(MT)にも関連しています。酸化ストレスにより、MTが亜鉛イオンを放出し、それが次に細胞内遊離亜鉛濃度の増加をもたらします。

MTの過剰発現は、フラビウイルス(黄熱病、HCVなど)およびアルファウイルス(ベネズエラ馬脳炎ウイルス)に感染した患者で確立されています。

MTは、亜鉛をウイルスの金属タンパク質から隔離し、それによって抗ウイルスシグナル伝達を促進する可能性があります。Schoggins JW, Wilson SJ, Panis M, et al. A diverse range of gene products are effectors of the type I interferon antiviral response. Nature. 2011;472:481–5.


Sethuram, R.,2021. Reproductive Sciences, 1-6.


「感染症対策は食事から」です。


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 資料



Dr.奥平智之 ホームページ  

https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方には、不定期に栄養スライドを差し上げております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju  

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki




200回の閲覧

© 2019 by Dr. Tomoyuki Okudaira

  • Facebook Clean Grey