• 奥平智之

【認知症と栄養】アルツハイマー型認知症とマグネシウム:認知症予防には、隠れマグネシウム欠乏にも注意

最終更新: 4月11日


軽度~中等度のアルツハイマー型認知症の

111人の高齢者(65歳以上)を対象にした研究です。


アルツハイマー患者は、認知症スクリーニング検査であるMMSEスコアが有意に低いと言う結果でした。


Barbagallo, M., et al(2011). Altered ionized magnesium levels in mild-to-moderate Alzheimer's disease. Magnesium Research, 24(3), 115-121.


•マグネシウムは、アミロイドβ前駆体タンパク質の輸送とプロセシングを調節します(Chui, D., 2011)


•興奮性アミノ酸およびカルシウム流入に対するNMDA受容体応答を調整します


•マグネシウムは神経細胞のエネルギー産生にも必要です


Chui, D., et al(2011). Magnesium in Alzheimer’s disease. Magnesium in the Central Nervous System


2世代にわたる継続的な低Mg摂取は、ラットのドーパミン作動性ニューロンの排他的喪失を誘発し(Oyanagi 2005)、パーキンソン病-認知症複合体(PDC)の病因におけるMg仮説を支持する可能性があります。


Mgの補給は、ドーパミン作動性ニューロンの喪失を防ぎ,パーキンソン病モデルの神経突起病変を改善します。これは、黒質のドーパミン作動性ニューロンを変性から保護する際のMgの役割を示しています(Oyanagi et al 2006 ; Hashimoto et al 2008)。


また、0.75 mMを超える濃度のMgは、自発的に、または鉄とのインキュベーションによって誘導されるα-シヌクレインの凝集を阻害します(Golts et al 2002)。


海馬ニューロンの低Mgと学習障害との因果関係は、老齢ラットでも実証されました(Landfieldet al 1984)。マグネシウム欠乏症は、感情的記憶の特定の障害につながる可能性があり(Bardgett et al 2005 ; Bardgett et al 2007)、マグネシウム療法は脳損傷後の認知機能の回復を促進します。


しかし、この回復には課題と用量依存的な側面があります(Enomoto et al 2005 ; Hoane 2005 ; Hoane 2007)。


脳のマグネシウムを増やすと、短期間のシナプス促進と長期増強の両方が強化され、ラットの学習機能と記憶機能が改善されます(Slutsky et al 2010)。


興味深いことに、栄養Mgサポートによる認知症患者の治療は、記憶やその他の症状を効率的に改善しました(Glick et al 1990b)。


●まとめ

認知症予防には、隠れマグネシウム欠乏にも注意。

おおさなどの海藻類、にがりなど・・・


日本栄養精神医学研究会 奥平智之 作成


https://www.dr-okudaira.com  に登録されている方に、不定期に栄養スライドをお送りしております。


栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ) https://amzn.to/2uv1wju

https://www.facebook.com/mentalhealth.net


Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo


インスタグラム https://www.instagram.com/tabete.utsunuke/


●Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します

https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki



274回の閲覧