• 奥平智之

奥平式「しそ湯」で鉄欠乏女子(テケジョ)をサポート:マグネシウム(にがり)・酸味(ゆず・レモン)を添えて:紫蘇・蘇葉とは?

最終更新: 6月16日


紫蘇(しそ)の抗炎症作用や香りによる胃酸分泌作用は、鉄欠乏女子(テケジョ)の鉄の利用や吸収をサポートします。

胃腸が元気でないテケジョが多いですから、胃腸をサポートしてくれる「しそ」とは相性が良いのです。

葉を陰干しにしたものを粉末にして保存しておき、薬味として使用すれば、健胃効果を期待できます。

また、お腹をこわしたときにしそ湯を飲むと、下痢や腹痛が緩和されます。

さらに、しその香りは、精神を安定させてくれます。

殺菌作用があるので、食中毒の予防や、SIBO(小腸における菌の異常増殖)対策にもなります。


「奥平式しそ湯」の作り方

鍋に500mlの水と軽く刻んだ青じそ(10枚分)を入れて、火にかけ、沸騰したら、弱火で10分ほど煮出し、にがり(マグネシウム)を数摘いれてできあがり。


★ストレスで不足しやすいマグネシウムも添えるのがポイント・・・テケジョサポート

①エネルギー産生(ミトコンドリア↑)・代謝↑ 

②筋弛緩(頭痛・肩こり・生理痛、緊張緩和) 

③精神安定 ④抗酸化・抗炎症


★ゆずやレモンを加えると、さわやかな香りが広がります。

酸味があるものを添えて、鉄の吸収アップさせます。



●漢方における蘇葉

紫蘇(しそ)は、漢方薬の生薬・蘇葉(そよう)として漢方薬にも昔から使われてきました。

「気」を巡らせる働きがあり、精神を安定させます。

のどの詰まり感、神経性の咳、腹部膨満感などに使われ、胃腸を整え、嘔気も和らげます。

また、軽く発汗作用もあるので、風邪の初期に使われます。

気をめぐらせる半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や香蘇散(こうそさん)に蘇葉が入っています。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)=小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)+厚朴(こうぼく)+蘇葉(そよう)で、気の変調を整える作用を持っています。咽喉頭異常感(のどの詰まり感)や神経症的ば訴えに消化器症状があるものによく効きます。


また、香蘇散(こうそさん) は、あまり体力のない方に使います。胃腸が虚弱で、不安・不眠・食欲不振がある場合に使います。

含まれている香附子・蘇葉・陳皮には精神安定作用もあります。

風邪をひいたときや、神経質で食欲がない人に使われます。

●まとめ

鉄欠乏女子(テケジョ)には、奥平式「しそ湯」がおススメ。にがり(マグネシウム)、ゆずやレモンを添えます。

テケジョ回復【脱テケジョ】の助けになるだけでなく、リラクゼーション効果も期待できます。

#奥平式しそ湯 #にがり #マグネシウム

#シソ湯 #しそ湯 #紫蘇 #しそ #蘇葉 #そよう #漢方 #生薬 #リラックス #リラクゼーション #気を巡らす #気剤 #鉄欠乏女子 #テケジョ #鉄欠乏 #鉄不足 #鉄の利用障害 #胃腸 #SIBO #殺菌 #鉄 #βカロテン #鉄吸収 #食欲





💛 https://www.dr-okudaira.com に登録されている方に、不定期に栄養スライドを差し上げております。 栄養型うつ うつぬけ うつよけ 鉄欠乏女子(テケジョ)  https://amzn.to/2uv1wju

https://www.facebook.com/mentalhealth.net

Twitter https://twitter.com/Okudaira_Tomo

インスタ  https://www.instagram.com/tabete.utsunuke

●Facebook友達申請時は、必ず自己紹介をお願い致します https://www.facebook.com/okudaira.tomoyuki

「メンタルヘルスは食事から」 日本栄養精神医学研究会 奥平智之 作成




283回の閲覧