top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

太陽光と睡眠は、ミトコンドリアの粘度を下げてATP↑



太陽光は、ミトコンドリアマトリックスの粘度を低下させ、ATP合成酵素の効率的な増加を通じてATP生産を強化します。

また、メラトニン(おやすみホルモン)は、過剰な活性酸素種やフリーラジカルを除去することで粘度を下げて ATP を増加させる強力な抗酸化物質です。


可視光 670 nm の赤色光はミトコンドリアの水の粘度を低下させ、遊離水分子を増加させ、より多くのアデノシン三リン酸 (ATP) を生成する ATP 合成酵素の能力を強化します。


活性酸素は粘度を増加させ、ATP 合成酵素の効率を低下させて ATP 生成を阻害します。

メラトニンは、活性酸素を除去することによって粘度を下げます。


粘度の低下による遊離水分子の増加は、メラトニンとのより強力な水素結合を形成し、ATP のアデノシン部分との結合相互作用を含むメラトニンの機能を強化します。

その結果、アミロイド原線維の凝集を促進するタンパク質水和シェルからの水の除去を阻害し、認知症に関与する異常なアミロイド原線維の凝集体を溶かします。


Loh, D., & Reiter, R. J. (2023). Light, Water, and Melatonin: The Synergistic Regulation of Phase Separation in Dementia. International Journal of Molecular Sciences, 24(6), 5835.



————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


💛今後の講演や食事会などの企画とSNSのまとめ https://lit.link/okud


◾️書籍『最新版 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子(テケジョ)』 など


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)




https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は 不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:158回

Comments


bottom of page