top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

血液検査の栄養医学的な深読み:MCVが高めの時に何を考える?

更新日:2023年8月13日



MCVとは、赤血球1個当たりの、平均的な大きさのことです。

MCVの値が高め(98以上黄色信号、100以上赤信号)の場合、ビタミンB12不足か、葉酸不足を考えます。


●ビタミンB12は、

①動物性タンパク質に多く含まれる

②胃酸の力で吸収率が上がる


そのため、MCVが高めの時は、


①肉魚卵など動物性のタンパク質不足?

②胃酸の分泌不足?(制酸剤を飲んでいる?ピロリ菌はいない? よく噛んでいない? タンパク質の代謝が低い?)

などを考えます。


また、

●葉酸不足で、MCVが高めになっているケースもあります。


①お酒飲んでいる?

②妊娠授乳期?

③バルプロ酸(精神科でよく使われる気分調整剤が処方されていない?)

などを考えます。


【注意】鉄欠乏女子(テケジョ)は、MCVが低値です(MCVが93未満であることが多い)。にもかかわらず、MCVが95とか一見良さそうな数字である時は、上記のMCV高値の原因が隠れているかもしれません(検査数値のマスク、と言う)。


(ピンク本『マンガでわかる ココロの不調回復「 #食べてうつぬけ」』192、193ページ 血液栄養解析の仕方より)




————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


■ 書籍:食べてうつぬけ 鉄欠乏女子 テケジョ 血液栄養解析 うつぬけ食事術

(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)



https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は

不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

閲覧数:1,719回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page