top of page
  • 執筆者の写真奥平智之

花粉症の時期に「じゃばら」

花粉症の時期の柑橘(かんきつ)類


実より皮に、より多く抗ヒスタミン作用のある「ナリルチン」が含まれています。



じゃばらに期待される成分と作用は3つ。

①アレルギー症状を抑える・・・・フラボノイド(植物由来のポリフェノールのひとつ)の一種「ナリルチン」※


②ヒスタミン分泌を抑制・・・・アレルギー反応を起こすヒスタミンの分泌を抑える「ビタミンC」


③皮膚や粘膜の炎症改善・・・・少ないですが、皮膚や粘膜に大切な「ビタミンA」

じゃばらは、香りと酸味が強いです。


症状がしっかりある人は、これだけでアレルギーのコントロールは難しいと思いますが、一助として。

普通に美味しいです。


例:じゃばらハーブティー

(じゃばら+お湯+にがり+お好みではちみつ)

#にがり #マグネシウム を入れるのは #奥平式 ですが、味がまろやかになりgood。



————————————————

奥平 智之

日本栄養精神医学研究会 会長

医療法人 山口病院 副院長

————————————————


💛今後の講演や食事会などの企画とSNSのまとめ https://lit.link/okud


◾️書籍『最新版 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子(テケジョ)』 など


(友達申請時はメッセンジャーに自己紹介をお願いいたします)




https://www.dr-okudaira.com にメール登録されている方は 不定期ですが栄養スライドをお送りいたします

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page